アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書 (3))

アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書 (3))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入0
  • クリック14
  • 言及数19ブログ
  • ブックマーク4users
「アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

アーロン収容所

「アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 感想文, 病気進化心理学入門 (心理学エレメンタルズ)作者: ジョン・H.カートライト,John H. Cartwright,鈴木光太郎,河野和明出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2005/06メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 32回この商品を含むブログ (11件) を見る 「なんでリンゴは甘いのかしら?」 「果糖やショ糖が味蕾の受容細胞に反応を引き起こすからさ」 「あなたってつまらな 続きを読む

    おれは楽園追放仮説論者か〜『進化心理学入門』を読む〜 - 関内関外日記goldhead2013/11/2625 users
  • 23:19 | さて、池田整治氏の本を検証した結果、ワタシも黒影氏と同じ結論に至った。池田氏の主張のほとんどは他人の受け売りだ。その上インフルエンザ関連も、免疫学関連も、彼の主張にはデマとデタラメしか存在しない。彼には情報の真偽を検証しようという考えがまるでない 他人の受け売りどころか、ネタの参照元無き引用を疑わせるネタもある。Amazonのレビューにもあったけど、海軍の... 続きを読む

    いい加減本題に入らねば - さにぃさいどの悠々自適Sunny_Side2010/02/056 users
  • 『アーロン収容所』(会田雄次、中公新書、1962年)再読中。西欧史学徒だった著者が、ビルマにて英軍の捕虜となった生活をつづった名著。以下引用。屠畜と飼育私たちは戦争における非戦闘員や捕虜に対する処置によって、戦争犯罪を追及された。そして日本人の残虐行為が世界中に喧伝された。〔略〕いわゆる残虐性のなかには、習慣の相違、それも何千年もの間のまったく違った歴史的環境か... 続きを読む

    『アーロン収容所』動物と人間の境界 - カルトvsオタクのハルマゲドン/カ...kamayan2011/02/164 users

「アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書...」が好きな人は、こんな商品も購入しています