胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 329 より
  • 購入4
  • クリック33
  • 言及数62ブログ
  • ブックマーク13users
「胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

三木成夫 著 赤ん坊が、突然、何かに怯えて泣き出したり、何かを思い出したようににっこり笑ったりする。母の胎内で見残した夢の名残りを見ているのだという。私たちは、かつて胎児であった・十{と}月{つき}十{とお}日{か}・のあいだ羊水にどっぷり漬かり、子宮壁に響く母の血潮のざわめき、心臓の鼓動のなかで、...

「胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 女の子と男の子が出会ったなら、その先に待つのは自然と人間との衝突か共存なのであってみれば、手を取り合って生き抜こうとする二人は、そのまま世界にとっての矛盾と救済のアナロジーとなる。そういう構図が宮崎駿の映画にはわりと連綿とあって、ナウシカとアスベルとか、サンとアシタカのようなカップルの系譜に今度も連なるのかと思って観ていたら、次第にただならぬ気配があたりに満... 続きを読む

    崖の上のポニョ - short hopekebabtaro2008/07/3032 users
  • 女の子と男の子が出会ったなら、その先に待つのは自然と人間との衝突か共存なのであってみれば、手を取り合って生き抜こうとする二人は、そのまま世界にとっての矛盾と救済のアナロジーとなる。そういう構図が宮崎駿の映画にはわりと連綿とあって、ナウシカとアスベルとか、サンとアシタカのようなカップルの系譜に今度も連なるのかと思って観ていたら、次第にただならぬ気配があたりに満... 続きを読む

    short hopekebabtaro2005/09/1612 users
  • 以下の日記をまずご覧ください。→2008年のはじめに読みたい本(私家版・その1)→2008年のはじめに読みたい本(私家版・その2) こちらのほうでは、以下のサイトでリンクされている本のうち、2005年以前に刊行されたものをまとめてみました。タイトルの50音順です。→2007年の○冊 - chirashino☆ura ・『アリはなぜ、ちゃんと働くのか』デボラ・ゴードン(1)(ことしの10冊とかの季 続きを読む

    2008年のはじめに読みたい本(私家版・番外編) - 愛・蔵太のすこししらべ...lovelovedog2008/01/023 users

「胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))」が好きな人は、こんな商品も購入しています