日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 48 より
  • 購入15
  • クリック202
  • 言及数147ブログ
  • ブックマーク22users
「日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ライフハック 政府は会社に置き換えると首相や大臣という「社長」や「役員」が政策の判断や決定をして、官僚たち「社員」が実務を行う構図です。「官僚主導の打破」を叫ぶというのは、社長や役員が「社員の権力や能力が高すぎて、社員主導で物事がすすんでいる。これは、おかしい」と言っているのと同義です。 1.社長の能力が低いため判断できない。2.社長がコロコロ変わって社内が安... 続きを読む

    判断しない、できない社長のために身を粉にして働く人たち - keitaro-newskeitaro22722009/10/12129 users
  • 所感 安保法案の強行採決の話を見て、どうやって今の自民党がああなったのか、形式面・構造面での必然性を、雑でもいいから整理して把握しておきたいと思った。 古き良き自民党? かつての自民党は、野党への配慮があったのに、もっと良識のある議員がいたのに、自浄作用があったのに、という嘆きを最近よく見る。しかしそれらは何も、偶然良識のある人達が自民党に集まって自主的に抑制... 続きを読む

    自民党が今ああなってきた道 - やしおYashio2015/07/2751 users
  • 長い茶番の後、昨年12月に自民党によって政権正常化が行われてもなお、民主党が政権を簒奪して行った「国政での事業仕分け」のことを未だに私は忘れてはいない。多くの人がきっと忘れていると思う。無理もない。その後、もっと酷いことがあったからだ。でも私は何度でもあの時のことを思い出している。「事業仕分け」の設計思想今にして思えばなのだが、私はあの熱狂の渦を眺めながら、時... 続きを読む

    2009年秋、事業仕分けとは何だったのか - 殺シ屋鬼司令extinx0109y2013/06/2314 users