人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書)

人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 218 より
  • 購入6
  • クリック127
  • 言及数39ブログ
  • ブックマーク19users
「人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 書評 人類の歴史は人口とエネルギーという2つの要素を中心として動いてきました。産業革命以降の経済成長や、戦争、革命、テロも人口とエネルギーにより引き起こされているものが殆どです。宗教や思想や経済的な問題もありますが、究極的には問題は人口とエネルギー問題に収束されます。 日本はエネルギー資源は保有しておりません。エネルギー自給率も6,6%(原子力含まない場合)とき... 続きを読む

    少子高齢化を食い止める秘策- keitaro-newskeitaro22722009/09/257 users
  • はてなブックマーク - 「人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書 191...」を含むブックマーク (16) 2008年04月29日bunoum 2007年11月27日fantoms 2007年11月07日jt_noSke 「人口学」入門書。基本理論についてのよくある誤解を解く説明や人口転換のメカニズム、出生率低下の原因についてのいくつかの仮説、人口推計など 2007年11 続きを読む

    人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書 1910) - ...asin2007/09/114 users
  • これは以下の日記の続きです。→2008年のはじめに読みたい本(私家版・その1) ・『「少女」の社会史』今田絵里香(1)(今年の三冊・ジェンダー関係 - Words and Phrases)・『女王陛下の影法師』君塚直隆(1)(本紙読書委員が選ぶ 2007年の3冊(4)橋本五郎: 出版トピック : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞))・『食糧争奪―日本の食が世界から取り残さ 続きを読む

    2008年のはじめに読みたい本(私家版・その2) - 愛・蔵太のすこししらべ...lovelovedog2008/01/033 users

「人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか...」が好きな人は、こんな商品も購入しています