戦後世界経済史―自由と平等の視点から (中公新書)

戦後世界経済史―自由と平等の視点から (中公新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入14
  • クリック159
  • 言及数81ブログ
  • ブックマーク10users
「戦後世界経済史―自由と平等の視点から (中公新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「戦後世界経済史―自由と平等の視点から (中公新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 雑感 この記事について。世界を上下に分けて下に味方するのが左翼、世界をウチとソトに分けてウチに味方するのが右翼 - Zopeジャンキー日記http://mojix.org/2010/10/15/matsuo-uyosayo ぼくは公言している通り左翼である。 左翼とは何か、とよく問われる。 左翼・右翼は元来「相対的な意味」しかない しかし、Yahoo!百科事典(小学館『日本大百科全書』)で「他の多 続きを読む

    左翼の定義 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2010/10/1647 users
  • 書評 オビにあるように、本書は「2009年エコノミストが選ぶ経済書ベスト10」の第一位であり、「週刊ダイヤモンド」の2009年の「ベスト経済書」の第二位であった。 タイトルのとおり、戦後の世界経済史の概観を頭の中につくりたいと思って読み始めた。最後の方を読まずに長い間放置し、最近読み終え、二度読みした。本書の冒頭に、 思い切って〔戦後世界経済史の――引用者注〕「粗い地図... 続きを読む

    猪木武徳『戦後世界経済史』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2011/05/1014 users
  • 歴史に関するおもしろい本はいくらでもあるし、またいかなる本も歴史を描いているといえる。ボクが読んでおもしろいと思ったおすすめ本を紹介する。 <日本> ★日本の歴史シリーズ (講談社学術文庫) ISBN:4062919079網野善彦監修の日本の歴史の最新シリーズ文庫本。いままで歴史シリーズで一般的な権力史だけでなくその時代の風俗が描かれてどれも読み応えあり。 ★日本倫理思想史1〜4... 続きを読む

    「歴史を知らずに哲学は語れない」推奨図書 - 第三の波平ブログpikarrr2012/02/1110 users

「戦後世界経済史―自由と平等の視点から (中公新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています