近現代日本を史料で読む―「大久保利通日記」から「富田メモ」まで (中公新書)

近現代日本を史料で読む―「大久保利通日記」から「富田メモ」まで (中公新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 502 より
  • 購入3
  • クリック10
  • 言及数18ブログ
  • ブックマーク1users
「近現代日本を史料で読む―「大久保利通日記」から「富...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「近現代日本を史料で読む―「大久保利通日記」から「富...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 大学図書館についてものを言える立場にないくせに、選書の参考になりそうなことをなどと甚だおこがましいことを書いて少し胸がチクチクするので、図書館情報学の分野での一つの見解としてとりあえずこの本の該当箇所を読んでみた。図書館資料論・専門資料論 (図書館情報学シリーズ)作者: 伊藤民雄,大串夏身,金沢みどり出版社/メーカー: 学文社発売日: 2006/12メディア: 単行本クリック: 2回この商品を含む 続きを読む

    人文系の情報特性についての更なる蛇足 - みちくさのみちnegadaikon2011/09/2312 users

「近現代日本を史料で読む―「大久保利通日記」から「富...」を含む人気エントリー