バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉 (中公文庫)

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉 (中公文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 38 より
  • 購入1
  • クリック23
  • 言及数27ブログ
  • ブックマーク1users
「バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ナショナリズムは、排外的な時ほど高揚する。はてなの村意識にも、これに似たようなものがあるんじゃないかなあ。特に「はてなブックマーク」が批判される場合の論争なんかを見ていて、ときどきそう思っていました。 ただ、こう自分で書いておいてなんですが、いま改めて思うに、はてな村の方々は、個人個人ではそんなに排他的ではないんじゃないか、と。むしろその逆で、何かにつけ、多... 続きを読む

    チャトランガ夫人の恋人 - チャトラン村には寛容な人が多いのに ><chaturanga2007/10/1037 users
  • 集団、特にある種の社会運動が先鋭化すること*1、今風に言うと「集団分極化」、昔風に言うと「セクト主義」の問題を、寛容と非寛容の観点から考えてみる。先鋭化する集団は、非寛容な精神の持ち主が多いのか?結果だけを外から見ると、そういうことになる。しかしその集団に属する個人個人を見ると、往々にして、自分を寛容なタイプだと規定している。そもそもは、民主的で、開かれた対話... 続きを読む

    チャトランガ夫人の恋人 - 寛容は非寛容に対して寛容であるべきかchaturanga2007/10/015 users

「バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す

「バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・...」を含む人気エントリー