八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入11
  • クリック166
  • 言及数204ブログ
  • ブックマーク2users
「八日目の蝉 (中公文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか...。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてそ ...

「八日目の蝉 (中公文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 愛人の子供を誘拐し、逃亡を続けた末に捕まった女。その女のことを実の母親だと信じて着いてきた子供。実の父と母の前には、他人の元で育てられた四歳の女の子が返された。原作未読。「優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした」など、これでもかとセンセーショナルな売り方をしていた予告編と、映画本編では印象がまるで違っていて驚いた。予告を観たときの「いくらなんでも愛人の子... 続きを読む

    キッズはオールライトじゃない「八日目の蟬」 - スキルズ・トゥ・ペ...Dirk_Diggler2011/05/118 users
  • というわけで『八日目の蝉』ですけども。 『八日目の蝉』予告編 http://www.youkame.com/ 中絶手術のため子どもを産めない身体になった野々宮希和子(永作博美)は、不倫相手・秋山の家から赤ん坊を誘拐して四年にわたって育て、逃亡先の小豆島で逮捕されます。それから十数年後、希和子に育てられた恵理菜(井上真央)は実の両親とうまくいかないまま大学生になり、やはり妻子ある男と交... 続きを読む

    洗脳の楽園 - 男の魂に火をつけろ!washburn19752011/05/217 users
  • 小泉八雲の『怪談』に、「破約」というお話があります。怪談・奇談 (講談社学術文庫―小泉八雲名作選集)作者: 小泉八雲,平川祐弘出版社/メーカー: 講談社発売日: 1990/06/05メディア: 文庫クリック: 39回この商品を含むブログ (29件) を見る ※※※※昔々、あるところに若い侍がおりました。 侍には妻がおりましたが体が弱く、病を得て亡くなってしまいます。臨終の床で、妻は夫にこう懇... 続きを読む

    天国からのラブレター・その後 - 男の魂に火をつけろ!washburn19752012/02/224 users

「八日目の蝉 (中公文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています