ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)〈1〉ゲーデルの20世紀

ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)〈1〉ゲーデルの20世紀
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,492 より
  • 購入7
  • クリック13
  • 言及数22ブログ
  • ブックマーク2users
「ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)〈1〉ゲーデルの2...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)〈1〉ゲーデルの2...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • どうでもいいんだけど、自称論理屋呼ばわりされてカチンと来ている俺です。ロートルといわれるならいざ知らず(笑対「数学屋のめがね」論争とか、Wikipedia 編集ネタを誰も読んでくれてないのねって一瞬すねたけど、そういう数学・論理ネタってもう何年も前の話になっちゃうんだと気がついて、まあこれは仕方がないなと反省した。ついでにいうと、数学や論理カテゴリーもなかったんだね、... 続きを読む

    自称(笑)呼ばわりされたので論理屋っぽいエントリーおば 〜あるニコ動画...buyobuyo2009/05/0326 users
  • 学生時代、かなりTeXに依存していた私は、奥村晴彦先生には足を向けて眠れないのだが、これにはさすがに従えない。「ウィキペディアを引用するな」 | Okumura’s Blog奥村氏の主張は、Wikipedia をもっと活用すべしということだろうが、日本語版の現状を見るに、調査の取っ掛かりとすることには反対しないが、論文やレポートに引用するだけの精度は持っていないし、もっていないことを大... 続きを読む

    捨身成仁日記 炎と激情の豆知識ブログ! 奥村先生がどうおっしゃったって...buyobuyo2007/07/2615 users
  • 数学人間の心を実現する人工知能は作れないとか人間は機械ではないことが不完全性定理から導かれるという主張(とそれに対する否定・批判)がしばしば行われてきた。議論の根本の部分は単純なので、そのあたりについてのメモを書いておく。特に目新しい議論や主張はない。この主張でたぶん一番有名なのはルーカスの”Minds, Machines and Gödel”(1961)という論文。簡単な算術ができて無... 続きを読む

    いまさら不完全性定理と人工知能について - 再帰の反復lemniscus2014/03/0510 users

「ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)〈1〉ゲーデルの2...」が好きな人は、こんな商品も購入しています