科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 300 より
  • 購入20
  • クリック134
  • 言及数135ブログ
  • ブックマーク26users
「科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHK...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHK...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 戸田山和久『科学哲学の冒険』 科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス) 作者: 戸田山和久 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2005/01 メディア: 単行本 独立性テーゼ:人間の認識とは独立に世界の存在と秩序を認める 知識テーゼ:人間が科学によってその秩序について知りうる 独立性テーゼYes、知識テーゼYesなのが、科学的実在論。独立性テーゼYes、知... 続きを読む

    KogoLab Research & Review - 戸田山和久『科学哲学の冒険』kogo2005/09/125 users
  • Amazon価格: 1,176円 (定価: 1,176円)(2008年09月24日 19時35分 時点 - 価格表示について価格は、記載された日付/時刻の時点において正確です。価格は変更される場合があります。購入時にAmazonウェブサイトに表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。 -)作者: 戸田山和久出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2005/01メディア: 単行本IS 続きを読む

    はてなダイアリー - 科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐるasin2005/08/294 users
  • 通勤の友。戸田山和久, 2002,「科学(者)のなかの哲学(者)」『哲学の探求』29, 15-30. http://www.wakate-forum.org/data/tankyu2.content/content29.php 科学者も探求の或る局面で、複数のリサーチ・プログラムの優劣を論じたり、ある結果を発見といってよいかどうかを考えたり、これまで使ってきた概念を整理したり、複数の理論の相互関係 続きを読む

    2011-08-23 - 呂律 / a mode distinctioncontractio2011/08/244 users

「科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHK...」が好きな人は、こんな商品も購入しています