東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス)

東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入14
  • クリック130
  • 言及数253ブログ
  • ブックマーク27users
「東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (NHKブッ...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (NHKブッ...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 東京デッドクルージング このミス大賞シリーズ作者: 深町秋生出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2008/08/07メディア: 単行本ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち作者: 速水健朗出版社/メーカー: 原書房発売日: 2008/06/09メディア: 単行本 「東京デッドクルージング」おかげさまで評判がよく、書評も徐々に目にするようになり、取材の申し込みも複数あり、ありがたい状況だ 続きを読む

    郊外化東京 - 深町秋生の新人日記FUKAMACHI2008/08/2566 users
  • 出たばかりだけど『思想地図β』、面白いです。 巻頭の猪瀬直樹+村上隆+東浩紀の「非実在少年」をめぐる対談も熱いですし、その他の特集も非常に力が入っているのですが、一番面白かったのは「ショピングモーライゼーション」というショッピングモール特集。そして、その中でも東浩紀+北田暁大+速水健朗+南後由和の座談会の東浩紀と北田暁大の対立が非常に面白いし、考えさせられた... 続きを読む

     3冊の『思想地図』 - 西東京日記 IN はてなmorningrain2010/12/2253 users
  • 今さらなのか分からないが萱野稔人にハマっている。彼のブログ(萱野稔人「交差する領域」)などを読んでてなんとなく最近の東浩紀と近いものを感じていた。それは、いつかの東氏のトークイベントで福嶋亮大に指摘された「身も蓋もない話」から始めるという点においてだ。例えば東浩紀なら「動物」「認知限界」「生殖」、萱野なら「暴力」「カネ」から考えるように。それら二人の出発点は... 続きを読む

    ニートホープ - 東浩紀×萱野稔人―暴力のエコノミーと環境管理massunnk2007/06/2745 users

「東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (NHKブッ...」が好きな人は、こんな商品も購入しています