闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))

闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 207 より
  • 購入12
  • クリック388
  • 言及数102ブログ
  • ブックマーク5users
「闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

〔ヒューゴー賞/ネビュラ賞受賞〕両性具有人の惑星、雪と氷に閉ざされたゲセンとの外交関係を結ぶべく派遣されたゲンリー・アイは、理解を絶する住民の心理、風俗、習慣等様々な困難にぶつかる。やがて彼は奇怪な陰謀の渦中へと……エキゾチックで豊かなイメージを秀抜なストーリイテリングで展開する傑作長篇

「闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 「フェミニストとしてすすめる、フェミニズムに関心を持つための5作品」シリーズで、「フェミニストとしてすすめる、フェミニズムに関心を持つための本5冊(1)物語・ノンフィクション編」だけでは物足りないのでもっと文学作品だけ選んでみてほしいという要望があったため、今日は文学作品でおすすめのものを5本、選んでみようと思う。前回選んだ作家の本は基本的に選ばないことにする。 ... 続きを読む

    フェミニストとしてすすめる、フェミニズムに関心を持つための本5冊(5)文学...saebou2015/11/1515 users
  • 批評:小説(Japan), 自意識という病からの脱出〜Escape from sickness of self-consciousness, ★★★★★星5, Masterpiece評価:★★★★★5つのマスターピース(僕的主観:★★★★★5つ)二人は仇同士であった。二人は義兄弟であった。そして、二人は囚われの王と統べる王であった――。翠の国は百数十年、鳳穐(ほうしゅう)と旺廈 (おうか)という二 続きを読む

    『黄金の王 白銀の王』 沢村 凛著 政治という物は、突きつければこうい...Gaius_Petronius2012/01/277 users
  • フランス文学, RPG, エッセー | 僕は駆け出しながら、RPGについての翻訳やライティングをしています。だから当然、なぜRPGを遊ぶのか、どうしたら面白く意義あるものとして遊ぶことができるのかということを常に意識せざるをえません。面白さとは何かを考えていくと、それは「面白い」ことは何かという問題、つまり価値判断という問題について吟味せざるをえなくなります。 その延長線上... 続きを読む

    RPGと批評の幸福な関係 - Flying to Wake IslandThorn2008/11/216 users

「闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す