拷問者の影(新装版 新しい太陽の書1) (ハヤカワ文庫SF)

拷問者の影(新装版 新しい太陽の書1) (ハヤカワ文庫SF)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入3
  • クリック129
  • 言及数89ブログ
  • ブックマーク5users
「拷問者の影(新装版 新しい太陽の書1) (ハヤカワ文庫SF...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

遥か遠未来、老いた惑星ウールスで〈拷問者組合〉の徒弟として働くセヴェリアンは、反逆者に荷担した疑いで捕らえられた貴婦人セクラに恋をする。組合の厳格な掟を破り、セ ...

「拷問者の影(新装版 新しい太陽の書1) (ハヤカワ文庫SF...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • (※この記事はメジャータイトル25本からお勧めする最近のなろう小説に便乗した幻想再帰のアリュージョニストのステマです) たまに創作界隈で話題に上るテーマとして、異世界ファンタジーに日本語や外来語が出てくる問題、というのがあります。 要は異世界を舞台とした設定のフィクション(特に小説)に日本(や諸外国)の文化背景特有の言葉が出てきてしまう問題です。仏教のない世界で... 続きを読む

    「異世界ファンタジーに日本語や外来語が出てくる問題」の7つの解決法(※ス...Erlkonig2014/09/28267 users
  • 今年中盤くらいに読んで面白かった本です。前半に読んだ本より、多少は読んだ時の記憶が残っている…かな? 『火星夜想曲』 イアン・マクドナルド火星夜想曲 (ハヤカワ文庫SF)作者: イアンマクドナルド, Ian McDonald, 古沢嘉通出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1997/08メディア: 文庫 「SF版百年の孤独」という触れ込みでよく紹介されてる『火星夜想曲』。 火星の砂漠に生まれ、霧 続きを読む

    2008年に面白かった本【中編】 - ぼんやり上手ayakomiyamoto2008/12/2237 users
  • (写真はパーティーかなんかで楽しそうなジーン・ウルフ先生です) ジーン・ウルフの「新しい太陽の書」シリーズ全4部作+続編1作もついに3冊目を読み終わり、折り返し地点に到達しました。このシリーズは今年読んだ本のなかでもベストに入りそうな気がする! あと残り2冊だと思うと、ちょっとさみしい気がするくらいなの…。 あらすじをざっくり説明すると、舞台は太陽が衰弱し、... 続きを読む

    『調停者の鉤爪』『警士の剣』ジーン・ウルフ - ぼんやり上手ayakomiyamoto2008/07/089 users

「拷問者の影(新装版 新しい太陽の書1) (ハヤカワ文庫SF...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す