死の泉 (ハヤカワ文庫JA)

死の泉 (ハヤカワ文庫JA)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入1
  • クリック42
  • 言及数38ブログ
  • ブックマーク2users
「死の泉 (ハヤカワ文庫JA)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

第二次大戦下のドイツ。私生児をみごもりナチの施設「レーベンスボルン」の産院に身をおくマルガレーテは、不老不死を研究し芸術を偏愛する医師クラウスの求婚を承諾した。 ...

「死の泉 (ハヤカワ文庫JA)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ども。趣味はタクラマカン砂漠でミイラ採り。シートンです。昨日は敬老の日。皆様、お年寄りを大事にしてますか?昨今、「高齢者は特権カイキュー!」とか騒いでいるノイジーな方々が見受けられますが、高齢者?をうまく利用しよう、というアイディアを採用なさってはいかがでしょうか?先行例もありますし。「若者奴隷」時代 “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来 (晋遊舎ムック)... 続きを読む

    快適に年金を受け取る方法 - シートン俗物記Dr-Seton2010/09/2130 users
  • ⇒ところで本題については - 地を這う難破船 期待していただいて申し訳ない。面白いことを言えそうにもない。ただ。少し書いてみる。 ⇒ナチの子供 - Wikipedia ⇒SSの人口増加のための機関「レーベンスボルン」(生命の泉協会) あまりにも有名な小説。 死の泉 (ハヤカワ文庫JA)作者: 皆川博子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2001/04メディア: 文庫 ここは、ナチスによって設立 続きを読む

    名もなき孤児たちの葬儀 - 地を這う難破船sk-442007/11/2512 users
  • Masterpiece, Re-publishing■文学の背後にある国民的テーマ それぞれの国には、近代文学の大きなテーマがある。例えば、日本近代100年の文学テーマは、私小説。その根本は、アジアのど田舎で極東と呼ばれる辺境の地で、近代化を試みようとするときに、個の自立がテーマとなる。 詳細の説明は、ここでは避けるが、ようは夏目漱石、森鴎外、二葉亭四迷、正岡子規、田山花袋、岡倉天心など... 続きを読む

    『オリガ・モリソヴナの反語法』 米原万里著 収容所文学とは?? - 物語三...Gaius_Petronius2009/10/107 users

「死の泉 (ハヤカワ文庫JA)」が好きな人は、こんな商品も購入しています