ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入28
  • クリック406
  • 言及数263ブログ
  • ブックマーク21users
「ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢 ...

「ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 少し前に、本の編集者らしき方の「はてなブログにはあんまりおもしろい人がいない」という文章を読み、論旨には特に文句はないのだが、そもそもはてなブログやはてなダイアリーの書き手から物書きになった人って誰がいたっけと疑問が湧いた。ワタシは過去はてなダイアラー単著紳士録なんてものを書いており、これを書いた2011年以降に出てきた人も含め、はてなブログ/はてなダイアリーを... 続きを読む

    はてな出身の文筆家をざっと25人挙げてみる - YAMDAS現更新履歴yomoyomo2015/12/01399 users
  • 既に読まれた方には言うまでもないことだが、伊藤計劃の第二長編『ハーモニー』は第一長編『虐殺器官』の後日談として読むことができる。後者の末尾で暗示されていた大災厄を踏まえて、前者における超福祉管理社会が到来しているのである。 『虐殺器官』の結末において、主人公クラヴィス・シェパード大尉は人々を相互殺戮へと駆り立てる「虐殺の文法」の英語ヴァージョンをアメリカ合衆... 続きを読む

    トークイベント「SFは僕たちの社会の見方にどう影響しただろうか?」感想 -...shinichiroinaba2011/12/2738 users
  • もし「勇者ヴォグ・ランバ」に出てくる要素についてもっと知りたいという方がいらしたら、このあたりをおすすめします。意識の話哲学的ゾンビとか、意識を記述できるのかとか、意識にまつわるテーマはwikipedia:意識のハード・プロブレムに出てくる用語や人名からたどっていけると思います。ただこの作品全体は最新科学で意識の本性にせまるというようなテーマではないので、ペインフリー... 続きを読む

    参考文献などは書かなかったので - 庄司創のブログhajime_shoji2013/03/0713 users

「ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す