know (ハヤカワ文庫JA)

know (ハヤカワ文庫JA)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 191 より
「know (ハヤカワ文庫JA)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

超情報化対策として、人造の脳葉“電子葉”の移植が義務化された2081年の日本・京都。情報庁で働く官僚の御野・連レルは、情報素子のコードのなかに恩師であり現在は行方不 ...

「know (ハヤカワ文庫JA)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • オトナ向けラノベ一般文庫に安住の地を見出したライトノベルミステリ キャラクター性とビジュアルを重視したライトノベルミステリは、文庫レーベルで多く出ました。 この文庫ミステリ戦国時代ともいうべき事態はさらに加速し、今や角川・AMW・集英社・幻冬舎・宝島社など大手出版社がしのぎを削る状況になっています。 角川文庫は、『レンテンローズ』などラノベレーベルでの執筆経験のあ... 続きを読む

    2013年ラノベ周辺総括 - 小説☆ワンダーランドnyapoona2013/11/28205 users
  • 小説2013年のライトノベル表紙ベスト5 - ディドルディドル、猫とバイオリンに反応して。2013年に刊行されたもの限定です。1位 踊る人形 鮮烈なイエローの表紙と躍動感あるイラストが目を引く。 特筆すべきは、箱から本を取り出すときに右の手がどんどん伸びていくように見えるデザインになっていること。 講談社BOXでしかでき得ない装丁の発想に脱帽。2位 隣人は真夜中にピアノを... 続きを読む

    表紙がよかったラノベ大賞 - 小説☆ワンダーランドnyapoona2014/02/0515 users
  • 小説1 密葬 わたしを離さないで ラノベミステリは江波光則がいるから安泰。前作のテーマをさらに押し進め、「300枚の原稿」に、他者との交流や言葉の危うさや被害者意識と加害者意識などあらゆる要素を集約させ、ここまでやるかといわんばかりの出来。 苛烈な問いを発しながらも最後に言葉の力を信じ、復讐ではなく相互理解を求めたラストには江波光則の「その先」を見た。2 スーサ... 続きを読む

    小説ワンダーランド2013下半期ベスト - 小説☆ワンダーランドnyapoona2013/11/3010 users