悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 77 より
  • 購入100
  • クリック3,630
  • 言及数275ブログ
  • ブックマーク25users
「悪童日記 (ハヤカワepi文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非 ...

「悪童日記 (ハヤカワepi文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ホントのところ、「大学新入生」と銘打っているものの、わたしのためのブックリストなのだ。大学教師が新入生にすすめる100冊: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるというのに触発されました。この「読んできたやつ、未読のやつ、読みたいやつ」を抽出して、ごたまぜに並べるという趣向は自由でとてもいい、と思い、私もやってみました。一冊だけ、ほとんど読まれていな... 続きを読む

    私の百冊 - 殺シ屋鬼司令extinx0109y2009/05/2320 users
  • 出版状況クロニクル40(2011年8月1日〜8月31日)「重厚長大 昭和のビッグプロジェクトシリーズ」(ジュネオンエンタテインメント)というDVDがある。これは東京タワー、佐久間ダム、名神高速道路、青函トンネルなどの工事過程を映像に収めたアーカイブで、戦後の昭和20年代から高度成長期にかけてのビッグプロジェクトが映像記録として残されていることに、あらためて感銘を受ける。その... 続きを読む

    出版状況クロニクル40(2011年8月1日〜8月31日) - 出版・読書メモランダムOdaMitsuo2011/09/0120 users
  • 森見登美彦氏の書いた『夜は短し歩けよ乙女』という小説の中に、「古本市の神様」らしい少年が登場する。彼は「すべての本はつながっている」と述べる。 登美彦氏の書いた本で、世界のどの本にもつながっていない本というものは存在しない。 『ペンギン・ハイウェイ』という本も、いろいろな本につながっている。 この本が生まれるのを助けてくれた本たちの一部を、以下に紹介する。 こ... 続きを読む

    2010-06-16 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2010/06/1712 users

「悪童日記 (ハヤカワepi文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す