悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 8 より
  • 購入100
  • クリック3,630
  • 言及数276ブログ
  • ブックマーク24users
「悪童日記 (ハヤカワepi文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

ハンガリー生まれのアゴタ・クリストフは幼少期を第二次大戦の戦禍の中で過ごし、1956年には社会主義国家となった母国を捨てて西側に亡命している。生い立ちがヨーロッパ現代史そのものを体現している女性である。彼女の処女小説である本作品も、ひとまずは東欧の現代史に照らして読めるが、全体のテイストは歴史小説という...

「悪童日記 (ハヤカワepi文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ホントのところ、「大学新入生」と銘打っているものの、わたしのためのブックリストなのだ。大学教師が新入生にすすめる100冊: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるというのに触発されました。この「読んできたやつ、未読のやつ、読みたいやつ」を抽出して、ごたまぜに並べるという趣向は自由でとてもいい、と思い、私もやってみました。一冊だけ、ほとんど読まれていな... 続きを読む

    私の百冊 - 殺シ屋鬼司令extinx0109y2009/05/2320 users
  • 森見登美彦氏の書いた『夜は短し歩けよ乙女』という小説の中に、「古本市の神様」らしい少年が登場する。彼は「すべての本はつながっている」と述べる。 登美彦氏の書いた本で、世界のどの本にもつながっていない本というものは存在しない。 『ペンギン・ハイウェイ』という本も、いろいろな本につながっている。 この本が生まれるのを助けてくれた本たちの一部を、以下に紹介する。 こ... 続きを読む

    2010-06-16 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2010/06/1712 users
  • 【編集者リレー・コラム】各社編集部発のひとりごと【隔週連載】【(承前)前篇はこちら】 実は1991年の入社当時のことはあまり覚えていません。ショックのあまり記憶を失ってしまったということでもなく、編集長の今岡清氏に「君は線が細そうだけどだいじょうぶ〜」と評された私は(ちなみに今岡さんに最初に推薦されたのはルーディ・ラッカーの『ソフトウェア』)、実質的な編集長であ... 続きを読む

    探偵はBARにいた、かもしれない【後篇】(早川書房・塩澤快浩) - 翻訳ミス...honyakumystery2011/09/035 users

「悪童日記 (ハヤカワepi文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す