恥辱 (ハヤカワepi文庫)

恥辱 (ハヤカワepi文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 392 より
  • 購入15
  • クリック88
  • 言及数49ブログ
  • ブックマーク2users
「恥辱 (ハヤカワepi文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

舞台はアパルトヘイト撤廃後の南アフリカ。離婚を2度経験している大学教授のデヴィッドは、若いころから奔放な性を楽しんできたが、52歳になった今でもその欲望は衰えを知らない。そんなある日、彼は20歳の女子学生に強烈に引かれ、歳の差も社会的な立場も考えずに彼女を追いまわすようになる。半ば強引に彼女と関係を持...

「恥辱 (ハヤカワepi文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 鉄の時代 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-11)作者: J.M.クッツェー, くぼたのぞみ出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/09/11メディア: 単行本 クッツェーの『鉄の時代』を読んだら、『グラン・トリノ』をまるきり反転させたような話で、「おおっ」とちょっと驚きました。 舞台はアパルトヘイト体制が崩壊しはじめた1986年の南アフリカ、ケープタウン。主人公は白人住宅街 続きを読む

    『鉄の時代』と『グラン・トリノ』 - ぼんやり上手ayakomiyamoto2009/07/1118 users
  • 広島で行われたクィア学会で発表をしてまいりました。広島という土地に心ひかれながら、市街を流れる川の折れ曲がる不思議さに打たれながら、じっと自然やら人間やら見つめていました。厳島神社では「鹿」の群れに入って帰れなくなりそうだったと一緒に行った友だちに言われましたが、わたしは、「鹿」の出す音とおんなじ音域の音を出しているだけです。音楽の訓練を受けた方なら、なんと... 続きを読む

    クィア学会発表 - 地下室のアーカイブスari19802008/11/155 users
  • ずいぶん長く更新しなかったな。この間、吉本隆明さんや安永蕗子さんが亡くなられて、感慨もひとしおだった。近親者の死(吉本さんと同年)にも見舞われた。まだ肌寒い北陸で野辺の送りに立会いながら、「朝には紅顔ありて夕べには白骨」の無常が胸に沁みた。 猫の額よりも狭い庭の、冬のあいだすっかり葉を落として寒々しい枯れ木となっていた枝にいつのまにか青い芽がちらほらと見えた... 続きを読む

    正しさだけでは生きてゆけない - qfwfqの水に流して Una pietra sopraqfwfq2012/04/153 users

「恥辱 (ハヤカワepi文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す