一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 399 より
  • 購入38
  • クリック329
  • 言及数346ブログ
  • ブックマーク21users
「一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • Boing Boing で知った Amazon.com: 100 Books To Read In A Lifetime だが、まさに「一生のうちに読むべき100冊」を選定している。「このリストは人生のあらゆる段階を網羅するのを目指したもので(だから児童書も入れてある)、宿題みたいにとってほしくない」とのことで、人気度だけでないちょっと意外なチョイスがある。Amazon といえば初期は人間によるレ 続きを読む

    米アマゾン選定「一生のうちに読むべき100冊」邦訳リスト - YAMDAS現更新履...yomoyomo2014/02/12959 users
  • 角征典さんのツイートで知った Amazon.co.uk: 100 Books To Read In A Lifetime だが、英アマゾンの編集者が選んだ「一生のうちに読むべき100冊」リストである。少し前に米アマゾン選定「一生のうちに読むべき100冊」邦訳リストを作ったが、こちらのほうが本のカテゴリ分けがされていて意図が見えるのが好感が持てる。というわけで、今回も邦訳リストを作ってみた。できるだ 続きを読む

    英アマゾン編集者選定「一生のうちに読むべき100冊」邦訳リスト - YAMDAS現...yomoyomo2014/05/11546 users
  • 『存在と無』(ちくま学芸文庫)のなかの第一部第二章では、「自己欺瞞」という心理現象の分析をとおして、人間の意識のあり方に迫る試みが行われている。この部分がたいへん面白いと思ったので、ここにメモしておきたい。 まず、これはとても重要なことだが、サルトルはここで、嘘や虚構と、自己欺瞞とを明確に分けている。嘘をつく人の内心の気持ちは、肯定的である。つまりその気持ちは... 続きを読む

    サルトルの「自己欺瞞」論 - ArisanのノートArisan2009/10/1338 users

「一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す