そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 317 より
  • 購入17
  • クリック42
  • 言及数74ブログ
  • ブックマーク2users
「そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き ...

「そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 生涯所得を数千万円変える“本当の”情報格差/若者よ書を求め街へ出よ? - デマこいてんじゃねえ!まったくデマこいてんじゃねえ!ってのはこっちのセリフだよ!そこで私は知り合いの大学生や、***社の社員や◆◆省の役人に、それぞれの家系について聞いてみた。いずれも将来、上位数パーセントぐらいの所得水準につくであろう人々だ。妬ましくてたまらない。そもそも「国立K大卒」... 続きを読む

    家系格差とか言う前に地域格差のほうがヤバいって - 常夏島日記potato_gnocchi2011/08/1575 users
  • 毎週の楽しみがひとつ終わってしまった。 連載の進行を飛び越えて終わってしまったのはまあ仕方ないところか。連載は運転免許の取得でダラダラしたりとか間延び感もあったしなあ。 しかし、教室を描くのが面倒なので学校に行くといきなりリングがあるという設定や、学園バトルギャグマンガという方向性は、島本和彦(つまり炎モユル)の出世作である「炎の転校生」へと引き継がれて行く。 ... 続きを読む

    ドラマ「アオイホノオ」完結そして日本SF展 - UEI shi3zの日記shi3z2014/09/2972 users

「そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す