虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 363 より
  • 購入26
  • クリック817
  • 言及数326ブログ
  • ブックマーク42users
「虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

〈ハヤカワSFシリーズ Jコレクション〉後進国で頻発する民族虐殺の背後には謎の米国人ジョン・ポールの存在があった。米情報軍のクラヴィス大尉はインド、アフリカの殺戮の地にその影を追うが……小松左京賞最終候補の近未来軍事SF

「虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 2008年2月7日新宿にて、『PLANETS vol.4』が好評発売中の「第二次惑星開発委員会」を主宰している評論家、宇野常寛さんのロングインタビューを行いました。「惑星開発委員会」の成り立ち、論争を起している「ゼロ年代の想像力」(『SFマガジン』連載中)の背景にあるもの、そしてケータイ小説論、サブカル評論の現在まで、ここでしか読めない宇野常寛さんの発言が盛りだくさんのインタ... 続きを読む

    「ゼロ年代の批評」のこれから──宇野常寛さんロングインタビュー - 荻上...seijotcp2008/02/25209 users
  • 本エントリは鈴木芳樹さんに捧げるものである。 はてなのユーザ層に関して、ギーク層が目立ちがちだがライターなど文化系の書き手が多いというのを以前から思っていて、その証拠というわけではないが、およそこの一年で単著を出した文化系はてなダイアラーをまとめてみようと思う。文化系の定義についてはwikipedia:文化系をどうぞ。上に書いた趣旨のため技術系の専門書は外させてもらう... 続きを読む

    単著もないのに〜2008年夏〜 この一年で単著を出した文化系はてなダイアラ...yomoyomo2008/07/11151 users
  • 伊藤計劃のデビュー作『虐殺器官』を読んだ。近未来の米軍を舞台にした今までの日本の小説には無かったといっていいミリタリーアクション小説で、一度読み始めたら読み終わるまで本をおけないほどにムチャクチャ面白い。デビュー作からこの作家を追っかけなければならないということはよくあるけれども、これほど惹かれた作品というのはここ2、3年になかったように思う。そう…アップト... 続きを読む

    さて次の企画は - メタルギア・ソリッドファンから福井晴敏ファン、ジージ...otokinoki2007/06/3057 users

「虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す