寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))

寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 140 より
  • 購入43
  • クリック418
  • 言及数340ブログ
  • ブックマーク29users
「寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 随筆4月から大学に入学することが決まった皆さん、おめでとうございます。皆さんは今後の4年間を、勉強や研究、部活やサークル、課外活動、アルバイトやインターン、趣味、恋愛、その他色々、何にでも使うことができますし、何に使うかを自分で決めることができます。また、この4年間をどのように使ったかは、卒業後の長い人生にも決定的な影響を与えることでしょう。大学新入生の前には... 続きを読む

    これから大学に入学する新入生のために - インテリすもうとりあるいは童貞...kanedo2010/03/09892 users
  • 晩秋がそろそろ初冬に変わろうとする2010年の東京。会社員Sはさしあたり読書家と呼ばれている男である。その彼が渋谷区東に所在する、くにのもといをきわむるところの若木タワーにT教授を訪ねた。 S「先生、ごぶさたしてます」T「おお、佐伯元気だったか」S「ええ、まあ、いろいろありましたけど、この10年」T「そうか。そりゃいろいろあるよな」S「ところで、先生の『知性の限界』 拝読... 続きを読む

    高橋昌一郎『知性の限界』から読む哲学入門?本当は恐ろしい知性について - ...utubo2010/11/2014 users
  • 昔一度書いたけど再掲するよ。 『デューン』でおなじみのフランク・ハーバートのシリーズに「ジャンプドア」という宇宙警察(?)ものがあるんですが、そこで主人公が所属する機関名が「サボタージュ局」なのです。 ずっと昔、何世紀も昔に、《良い事をしたい》という強迫観念を抱いた知的生物集団が、政府を乗っ取った。その強迫観念の裏側にうごめく複雑さ、罪悪感、自己懲罰などに気... 続きを読む

    よくわかるフーコー権力論 - インタラクティヴ読書ノート別館の別館shinichiroinaba2010/01/196 users