私の中の日本軍 (上) (文春文庫 (306‐1))

私の中の日本軍 (上) (文春文庫 (306‐1))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 135 より
  • 購入2
  • クリック24
  • 言及数20ブログ
  • ブックマーク4users
「私の中の日本軍 (上) (文春文庫 (306‐1))」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「私の中の日本軍 (上) (文春文庫 (306‐1))」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ■あー、野暮を承知で明からさまに内田樹の悪口を書きますよ 注:このエントリ、ちょっと訂正・補足します。 ⇒内田樹の研究室: 捕虜と戦陣訓 しかし、日本軍の捕虜たちはそうはしなかった。 彼らは捕虜になったとたんに人格を一変させてしまったのである。 ベネディクトが驚いたのは、これほど「勝者に媚びる捕虜」たちを見たことがなかったからである。 捕虜たちは嬉々として自軍の内情... 続きを読む

    finalventの日記 - あー、野暮を承知で明からさまに内田樹の悪口を書きます...finalvent2005/12/2524 users
  • 一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)作者: 山本七平出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1987/08メディア: 文庫 ごめんなさい山本七平先生。あなたのこと、偽ユダヤ人(イザヤ・ベンダサン)だしぃー、なんか『空気の研究』評判いいみたいだけど、無視しててもいいやとずっと思ってて。このことでは、同居人と言い争いをしてしまつたよ。これは特にいい本だと思う。私的には、文学の分野に... 続きを読む

    萌えるローマ帝国HAPPYMAX - 山本七平になぜかハマる URARIA2006/08/308 users