一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 135 より
  • 購入2
  • クリック36
  • 言及数37ブログ
  • ブックマーク6users
「一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫) [文庫] [Aug 01, 1987] 山本 七平

「一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 講義記録, 書籍どうやら「問題」に触れたかなやあどうも、第二回目ということになりますね。みなさんマジでこの講義をとるつもりになったのかね。僕が皆さんなら躊躇するけれどもねどうも。前回の講義で、無記名でアンケートをとりました。五十数枚のアンケートを読みましてね、みなさん偉い。最初に褒めておきます。どういうことかというと、無記名ということもあるかと思いますが、みな... 続きを読む

    福耳コラム -付加価値を目方で測るの巻 「女子大で講義する余談の多い経営...fuku332007/05/04149 users
  • マンガ 大西巨人『神聖喜劇』を読んでいると、軍隊が法令でかんじがらめになっていることがよくわかる。 『神聖喜劇』の主人公・東堂太郎は、軍隊で死ぬことを思い定めてきたはずだったのに、目の前にある不条理に次第に闘争心を起こしてしまう。その際の武器が軍隊内の規則と法令であった。 特種の法治主義的・制定法主義的領域と私が考える軍隊兵営で、軍人は、殊に営内居住の下士官は... 続きを読む

    速水螺旋人『大砲とスタンプ』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2014/05/1930 users
  • ■あー、野暮を承知で明からさまに内田樹の悪口を書きますよ 注:このエントリ、ちょっと訂正・補足します。 ⇒内田樹の研究室: 捕虜と戦陣訓 しかし、日本軍の捕虜たちはそうはしなかった。 彼らは捕虜になったとたんに人格を一変させてしまったのである。 ベネディクトが驚いたのは、これほど「勝者に媚びる捕虜」たちを見たことがなかったからである。 捕虜たちは嬉々として自軍の内情... 続きを読む

    finalventの日記 - あー、野暮を承知で明からさまに内田樹の悪口を書きます...finalvent2005/12/2524 users