精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)

精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入10
  • クリック103
  • 言及数45ブログ
  • ブックマーク6users
「精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

本書は立花隆による利根川進への20時間にわたるインタビューの集大成である。利根川がノーベル生理学医学賞を単独で受賞したのは1987年。この分野では単独受賞だけでも珍しいが、選考委員のひとりが「100年に一度の大研究」というコメントを発したこともあり、受賞後、日本のジャーナリストが大挙して押しかけた。しかし...

「精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 事業仕分けが万能なわけではないが、こんどの騒動はアカデミズムの砦(とりで)からあれこれを引っ張り出し、世の風にさらしただけでも意味はあった。すわ一大事、と先生たちが出てきて論争が始まったのも仕分けの効果だろう。さて政権はどうまとまりをつけるか。目を凝らして、苦手な科学を少し勉強するとしよう。 皮肉に聞こえるかもしれないけど、科学が苦手なら「少し勉強する」のはよいかもしれない。といいつつどのあたりか 続きを読む

    日経春秋 春秋(11/27) - finalventの日記finalvent2009/11/273 users

「精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す