日本の路地を旅する (文春文庫)

日本の路地を旅する (文春文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 390 より
  • 購入5
  • クリック40
  • 言及数26ブログ
  • ブックマーク3users
「日本の路地を旅する (文春文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

戦国から江戸にかけて「路地」の人々は、大名と言う上層階級の移封に伴って、全国に散らばっていった。そしてその地方の食文化や、日常生活、芸能を支えていった。門付け、猿回し、上層階級には許されていた食肉文化、踊りや民謡に欠かせない太鼓づくり、剥製づくり。これらはすべて「路地」の人々の仕事である。中上健次が...

「日本の路地を旅する (文春文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 読書 , 感想文 同和問題とおれ、おれと同和問題。おれは北海道の札幌の生まれた、物心つかないうちに神奈川県は鎌倉市に引っ越してきた。20年かそこら藤沢よりの鎌倉の新興住宅街で暮らしてきたが、親の生活の破綻、一家離散。その後は横浜は寿町の近くでまた20年近く過ごしている。これがおれの出自と経歴ということになろうか。 そんなおれにとって、同和問題というのは、小学校のときの道徳の時間かなにかで教わっ 続きを読む

    上原善広『日本の路地を旅する』を読む - 関内関外日記goldhead2016/01/0811 users

「日本の路地を旅する (文春文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています