暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)

暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 218 より
  • 購入0
  • クリック86
  • 言及数54ブログ
  • ブックマーク6users
「暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ■「いじめはからは逃れられない」っていう概念こそ「いじめ」の巧妙な罠。 いじめは、降りる事の出来ないゲーム - 煩悩是道場 id:ululunさんは見事に「いじめる側」の戦術に嵌っていると思った。 なので、この本を読んでみるといいと思う。フーコーでもいいけど。 暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜) 作者: 酒井隆史 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2004/05/21 メディア: 単行 続きを読む

    想像力はベッドルームと路上から - 「いじめはからは逃れられない」ってい...inumash2006/11/1546 users
  • 西成暴動は、逮捕者も出て、沈静化の兆しを見せているようだ。前回の記事はこれまでにないほどブクマついてアクセス来たんでびっくりした。前に書いたことは以前にも書いたことを、暴動に興味を持った人にとりあえず一つの視点を提供するためにも雑駁にまとめたもので、きっちり書いてあるとは言えないので、少々肩身が狭い思いだけれど、それなりに読まれたようなのでそこそこの価値はあ... 続きを読む

    透明で綺麗な暴力 - Close to the WallCloseToTheWall2008/06/1933 users
  • そのときから五百年生きてるのはそのような砦や濠をめぐらした聚落がすぎ去った歴史の中でなく消えぬ痕跡を残していまもあるということやろうおれも、おれの仲間も一日に十里は走れる足を持っていていまも駆けている倒れてもまた起ち上って駆けている石山から久寶寺へ平野へ、堺へあのときもアザミが咲いていたこの河原の土堤のほとり、富田林へ (小野十三郎 「環濠城塞歌二番」より 思... 続きを読む

    Arisanのノート - 『暴力の哲学』Arisan2006/03/0914 users

「暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す