記号と事件―1972‐1990年の対話 (河出文庫)

記号と事件―1972‐1990年の対話 (河出文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 601 より
  • 購入4
  • クリック92
  • 言及数78ブログ
  • ブックマーク6users
「記号と事件―1972‐1990年の対話 (河出文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「記号と事件―1972‐1990年の対話 (河出文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学作者: 千葉雅也出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2013/10/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る 動かないものを、動かそうとすること。あるいは動きすぎるものを、止めてみること。そのバランスとタイミング――これは臨床や芸術にとどまらず、*1生活者として必要な、具体的な配慮だろう。*2 このモチーフが... 続きを読む

    身動きが取れません―― 千葉雅也のドゥルーズ論 - Freezing Pointueyamakzk2013/11/2529 users
  • 原理的な励ましを得ました。支援論の基本図書としたいぐらい。 超人の倫理 ---〈哲学すること〉入門 (河出ブックス)作者: 江川隆男出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2013/02/09メディア: 単行本(ソフトカバー)クリック: 10回この商品を含むブログ (6件) を見る 現代においても意志や自由意志によってさまざまな問題の解決や事柄の転回を求めることは、実際には神学者の言い分と同... 続きを読む

    超人として働くとは、どういうことか? - Freezing Pointueyamakzk2013/05/1515 users
  • 「一般意志2.0」の議論では、「中間集団の否定」という文脈で、ドゥルーズの「非コミュニケーション」が引用されています。*1 言論も、コミュニケーションも、すでに腐りきっているかもしれないのです。言論とコミュニケーションはすみずみまで金銭に浸食されている。しかも偶然そうなったのではなく、もともと金銭に毒されていたのです。だから言論の方向転換が必要なのです。創造すると... 続きを読む

    ドゥルーズが解説する、ガタリの中間集団論 - Freezing Pointueyamakzk2009/12/2213 users

「記号と事件―1972‐1990年の対話 (河出文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す