生誕の災厄

生誕の災厄
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 6,141 より
  • 購入2
  • クリック11
  • 言及数11ブログ
  • ブックマーク3users
「生誕の災厄」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

生誕の災厄

「生誕の災厄」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 私の「ぶくまのクネクネさは自ら情報を発信する側にならなければ理解できない」という言葉にもかかわらず、「ブログは始めてみたが、もう何を書いてよいのか分からない」とうるうるする人たちが私のまわりにも何人かいる。今日はそんな彼らのための推薦図書三冊。 1冊目。 アラン定義集: 神谷 幹夫 ネタの宝庫である。これを写し取る。自分と感性とか考えが違うかなという点を書き換え... 続きを読む

    finalventの日記 - 「ブログは始めてみたが、もう何を書いてよいのか分から...finalvent2006/09/3054 users
  • はじめに〜護法少女ソワカちゃんとの出会い「護法少女ソワカちゃん」との出会いは、日課としているJ・A・シーザータグを巡回してるときであった。最初に見たのは「修羅礼賛」で、4分という短い時間に詰め込まれたネタの濃密さ、「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」という文学ネタ、「天狗の面工場のアルバイトを思い出す」という卓越したセンスにすっかり打ちのめされてしまった。しかしそ... 続きを読む

    マサカド・インパクトを乗り切るための50冊 〜あるいは虹の解体 - モナドの...leibniz2008/07/3048 users
  • 感想, 海外, 評論・エッセイ・ノンフィクション ここんとこ、諸事情からシオラン(ウィキペディア)の著作に随分目を通していた(読んだというのは憚られる感じだが)。『思想の黄昏』、『実存の誘惑』、『時間への失墜』、『悪しき造物主』、『生誕の災厄』、そして本書。なんでも「バルカンのパスカル」なんて異名もあったそうだ。生まれはルーマニアで、最終的にはパリに住み、はじめ... 続きを読む

    シオラン 金井祐訳 カイエ 1957‐1972 - U´Å`Ugkmond2010/02/143 users

「生誕の災厄」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す