はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 9 より
「はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

既婚者が、「不倫」の誘惑に抵抗するためにはどうすればいいか?子どもや若者世代の貧困、ひとり親家庭や生活保護、高齢者の孤独死など社会問題の背景には、「不倫」がもた ...

「はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 書評 人間だれしも先生を「おかあさん」と呼んでしまうことは生涯で二度や三度はある。いや、隠さなくてよい。あるんだってば。だれにも。な。 「おかあさん」ならまだしも「ママ」だった日には目も当てられない。まだ「おかあさん」であった幸運を言祝ぐべきであろう。いまは母親の呼称として「ママ」って普通だけど、私が子どもだった1970年代には母親を「ママ」って呼んでいるやつは愛知県三河地方では完全なマイノリテ 続きを読む

    坂爪真吾『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2015/09/025 users

「はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社...」が好きな人は、こんな商品も購入しています