神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)

神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 173 より
  • 購入5
  • クリック78
  • 言及数97ブログ
  • ブックマーク11users
「神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 米澤穂信の『犬はどこだ』asin:4488451047が文庫になった。解説を楽しみにしていたのだが、村上貴史とかいうミステリ評論家によるこれが、ひどいしろものなので驚いた。「外への視線」と題されているこの文章は、「ミステリ」の内部からの言葉がいま、いかに無惨なものになっているかの証明である。*1唯一の取り柄は、「紺屋長一郎」を主人公としたシリーズに続編が予定されている、とい... 続きを読む

    WWDの特集「雑誌に未来はあるのか?」を嗤う 2008-03-12 - 【海難記】 Wre...solar2008/03/128 users
  • 米澤穂信の『犬はどこだ』asin:4488451047が文庫になった。解説を楽しみにしていたのだが、村上貴史とかいうミステリ評論家によるこれが、ひどいしろものなので驚いた。「外への視線」と題されているこの文章は、「ミステリ」の内部からの言葉がいま、いかに無惨なものになっているかの証明である。*1唯一の取り柄は、「紺屋長一郎」を主人公としたシリーズに続編が予定されている、とい... 続きを読む

    犬×犬 - 【海難記】 Wrecked on the Seasolar2008/03/128 users
  • 間が空いたけど、http://d.hatena.ne.jp/ayakomiyamoto/20080104#p2 の続きです。■ 『わたしを離さないで』カズオ・イシグロわたしを離さないで作者: カズオイシグロ出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2006/04/22メディア: 単行本 やっと読んだ話題作。これはしっかり最後に感動する話になっているんだけど、一人称で主人公が自分の子供時代から現代までの 続きを読む

    2007年におもしろかった本【後編】 - ぼんやり上手ayakomiyamoto2008/01/146 users

「神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す