すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)

すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 740 より
「すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

西暦2540年。人間の工場生産と条件付け教育、フリーセックスの奨励、快楽薬の配給によって、人類は不満と無縁の安定社会を築いていた。だが、時代の異端児たちと未開社会から来たジョンは、世界に疑問を抱き始め…驚くべき洞察力で描かれた、ディストピア小説の決定版!

「すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 前評判で「ディストピア物」と聞いていて、「1984」とか「華氏411」とかを想像していたんだけれども、全然違った。というか、物凄いユートピア小説だった。舞台となる世界は現代ととてもよく似ていて、大量消費と現実を楽しむことが奨励されていて、『市民幸福は義務です』とは全く違う形で人間の幸福が保障されている世界。作中で、野蛮人からは「愚者の楽園」と呼ばれているけれ... 続きを読む

    今、ハックスリーの「素晴らしい新世界」を読んでいるんだけど - orangesta...orangestar2016/01/2629 users
  • おどろいた。今年になってからこちらのブログが完全に止まっていた。最近、書評連載などで取り上げたお薦め本を並べておきます。第三の銃弾 (上) (扶桑社ミステリー)作者: スティーヴン・ハンター,公手成幸出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2013/11/30メディア: 文庫この商品を含むブログ (5件) を見る第三の銃弾 (下) (扶桑社ミステリー)作者: スティーヴン・ハンター,公手成幸出版社/メ 続きを読む

    2014年3月最終週の出来事 - 【B面】犬にかぶらせろ!gotanda62014/03/233 users
  • 今年はまだ自分の本を一冊も刊行していませんが、来月、再来月は一冊ずつ出ます。いまは、いろいろそれに追われているところ。ふー。古市憲寿、國分功一郎の対談本『社会の抜け道』が10月1日に発売されています。ショッピングモールや有機農園に一緒に出かけ、社会について考えたことを話し合っています。僕は構成を担当。『すばる 2013年 11月号 [雑誌]』では、読書日記の2回目が掲載さ... 続きを読む

    2013年10月2週目の手記 - 【B面】犬にかぶらせろ!gotanda62013/10/063 users

「すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す