緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 28 より
  • 購入8
  • クリック30
  • 言及数54ブログ
  • ブックマーク1users
「緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 【毎月更新】堺三保の最新TVドラマ・映画事情【USA】 第15回 ホームズ譚を現代化した、野心的なリメイク作品「シャーロック」 ちょうど去年の今頃、この連載で、シャーロック・ホームズについて書いていたのですが、皆さんご記憶でしょうか? あの頃は、ちょうどガイ・リッチー監督版の映画「シャーロック・ホームズ」が封切られようとしてたんですよね。あの映画は、ホームズ譚の... 続きを読む

    TVを消して本を読め!第十五回(執筆者・堺三保/挿絵・水玉螢之丞) - ...honyakumystery2011/01/188 users
  • 【毎月更新】日本人読者のためのホームズ読本:シリーズ全作品解題 注意! この連載は完全ネタバレですので、ホームズ・シリーズ(正典)を未読の方はご注意ください。 このコラムでは、映像作品やパスティーシュ、およびコナン・ドイルによる正典以外の作品を除き、全60篇のトリックやストーリーに言及します。(筆者) ■連載開始にあたって この連載は、客観的な「解読」(資料)部分と... 続きを読む

    【新連載】第1回『緋色の研究』その1(執筆者・日暮雅通) - 翻訳ミステリ...honyakumystery2015/04/144 users
  • 【毎月更新】藤原編集室通信(出張版) 探偵小説とテクノロジー、あるいは疎外された名探偵 当編集室ではミステリや海外文学の紹介企画のほかにも、数は多くありませんが、文化史、文学研究などの人文書にも力を入れています。一回お休みを頂いているあいだに専念していたのが、おもに19世紀西欧の文学と美術をとりあげたワイリー・サイファー『文学とテクノロジー』(野島秀勝訳、白水... 続きを読む

    藤原編集室通信(出張版) 第8回 - 翻訳ミステリー大賞シンジケートhonyakumystery2012/05/253 users

「緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す

「緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社...」を含む新着ブログ(54) RSSフィード この商品についてブログを書く