縮刷版 社会学事典

縮刷版 社会学事典
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,180 より
  • 購入2
  • クリック3
  • 言及数14ブログ
  • ブックマーク1users
「縮刷版 社会学事典」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「縮刷版 社会学事典」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 出版と知のメディア論―エディターシップの歴史と再生作者: 長谷川一出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2003/05メディア: 単行本恐らく類書はまだ日本にはないはず*1。儀礼的コミュニケーションとしての読書とエディターシップとの関わりについてもう少し深い議論が欲しいとは思ったけれど、今まで読んできたいわゆる「出版の危機」本とは一線を画す画期的な本。儀礼的コミュニケーショ... 続きを読む

    雑記帳 - 「出版と知のメディア論―エディターシップの歴史と再生」ced2006/06/267 users
  • 啓蒙主義とは何か。弘文堂の縮刷版 社会学事典を参照すると、次のような説明が為されている。「本来すべての個人に備わっている人間的理性の能力によって、現存する諸社会意識、社会諸関係を合理的明証性の方法によって批判し、理性に適合した認識・秩序を構想する考えかた。歴史上最も代表的な16〜18世紀ヨーロッパの啓蒙思想は、身分制社会における特に宗教的・政治的権威の批判を通し... 続きを読む

    雑記帳 - 「国家」についてced2006/06/034 users
  • 以前考えてたことを自分なりにまとめてみた。きちんとした検証はしてないからトンデモ論の可能性が高いけど、このような問題意識が必要であることに変わりは無いはず。2004年2月23日に作成した文章のリサイクル。「社会」という言葉は翻訳の難しい言葉だった。その理由は極めて単純で、それまで日本には「社会」なる概念そのものが存在していなかった(『翻訳語成立事情 (岩波新書 黄版 18... 続きを読む

    雑記帳 - 「社会」についてced2006/05/263 users

「縮刷版 社会学事典」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す