闇の子供たち (幻冬舎文庫)

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入16
  • クリック110
  • 言及数132ブログ
  • ブックマーク11users
「闇の子供たち (幻冬舎文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「闇の子供たち (幻冬舎文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ■[小説とテキスト] 永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫) 作者: 天童荒太 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2004/10 メディア: 文庫 先日の続き。虐待が相変わらずヤバい。アツい。ということで今度は日本における虐待がテーマの小説を紹介。 もっとも日本において有名な作品といえば、天童荒太氏による「永遠の仔」だろう。子供の頃に虐待を受けた主人公らが大人になり、過去の虐待が現在の... 続きを読む

    深町秋生の新人日記 - 子供虐待ミステリ大全(日本)FUKAMACHI2006/08/286 users
  • 「わたしたちが作ったものをあなたは買うべきだ」はマーケティングの真逆 - reponの日記 ないわ〜 404 NotFound(暫定)と関連するエントリ。 「嫌消費」なわけない ? 経済学101さん元記事への小気味よい反論。……でも、やっぱり「消費」の質は大量消費時代と異なっていると思うんですよ。なので、鈴木謙介さんの「わたしたち消費」を一つの考察として取り上げました。 見えない贅沢は想... 続きを読む

    「消費」するためには、消費財を「等価交換」してこないといけない - repon...repon2010/01/115 users
  • http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20090611/p2http://h.hatena.ne.jp/POGE/9236549878560163856レイプゲームが存在することで傷つく人がいることはわかる。昔、知人の女性がある映画のレイプシーンがトラウマになったと話してくれたことがあった。レイプゲームが一種の環境型セクハラになりうるという指摘もある。http://h.ha 続きを読む

    俺は絶対的な表現の自由を求める - 肉芽観察記POGE2009/06/133 users