アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))

アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 10 より
  • 購入6
  • クリック172
  • 言及数56ブログ
  • ブックマーク6users
「アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 品川ブログ作者: 品川ヒロシ出版社/メーカー: ワニブックス発売日: 2007/08/01メディア: 単行本(ソフトカバー)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000960-san-ent(「品川庄司」の品川、人気ブログの4つのルール明かす) ワスはこのニュースを読んで、落涙したねえ……。 人気ブログの秘訣は、悪口や愚痴を書かないこと。お笑いコ 続きを読む

    生まれ変わるよ! - 深町秋生の新人日記FUKAMACHI2008/03/0917 users
  • 『アラビアのロレンス』の結末近く、アンソニー・クイン演じるアウダ・アブ・タイが、ロレンスと共に見た未来に敗れ去っていくオマー・シャリフ演じるアリの背に、投げかける言葉。私はこの言葉を愛し、よく改変して座右の銘とした。「男に生まれるということは(ry」。そして「人間世界に生まれるということは、つらい思いをしろということだ!」と。 ただし。アウダと違って私は一応は近... 続きを読む

    「アラブに生まれるということは、つらい思いをしろということだ!」 - 地...sk-442008/03/0216 users
  • 13:49 唐沢俊一が三島由紀夫作品の中で『美しい星』ばかりをネタにしているのはどういうことなんだろう(詳しくは「トンデモない一行知識の世界OLD」を参照)。 唐沢俊一・ソルボンヌK子『昭和ニッポン怪人伝』(大和書房)、今回は第3章「三島由紀夫と川端康成」を紹介する。『昭和ニッポン怪人伝』P.51より。 私(唐沢)は三島自殺の報を、弟の入院先の病院のロビーで聞いた。弟は急性... 続きを読む

    美しい星の私。 - 唐沢俊一検証blogkensyouhan2009/05/253 users

「アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))」が好きな人は、こんな商品も購入しています