有頂天家族 (幻冬舎文庫)

有頂天家族 (幻冬舎文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 280 より
  • 購入14
  • クリック516
  • 言及数135ブログ
  • ブックマーク2users
「有頂天家族 (幻冬舎文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族は ...

「有頂天家族 (幻冬舎文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 森見登美彦氏の作品史上、もっとも毛深く波乱万丈な小説がアニメになるという。 氏の作品のアニメ化としては、『四畳半神話大系』に続いて二作目である。 以下はアニメ化にあたっての登美彦氏のコメントである。 『有頂天家族』アニメ化にあたって 今を去ること十年前、京都は北白川の四畳半において私が孤独にふくれていた頃のこと。 夜半、牛丼でも食べようかしらんと下宿を出て、静... 続きを読む

    2013-03-21 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2013/03/2112 users
  • 八月某日の深更。 森見登美彦氏は仕事に飽きて、麦酒をごくごく飲みながら、机のまわりを見回していた。そうすると、登美彦氏は我が子たちがずいぶん増えていることにあらためて気づいた。 登美彦氏はたいてい無茶な育て方をするから、どの子もたいてい「やんちゃ」に育つ。 そのやんちゃぶりは、時に登美彦氏を反省させる。 「いくらなんでも無茶だったな」と思うこともある。 登美彦氏... 続きを読む

    2010-08-26 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2010/08/276 users
  • 森見登美彦氏の作品史上、もっとも毛深く波乱万丈な小説がアニメになるという。 氏の作品のアニメ化としては、『四畳半神話大系』に続いて二作目である。 以下はアニメ化にあたっての登美彦氏のコメントである。 『有頂天家族』アニメ化にあたって 今を去ること十年前、京都は北白川の四畳半において私が孤独にふくれていた頃のこと。 夜半、牛丼でも食べようかしらんと下宿を出て、静... 続きを読む

    2013-03-21 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2013/03/213 users

「有頂天家族 (幻冬舎文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています