右翼と左翼 (幻冬舎新書)

右翼と左翼 (幻冬舎新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 73 より
  • 購入7
  • クリック171
  • 言及数170ブログ
  • ブックマーク20users
「右翼と左翼 (幻冬舎新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「もはや右翼も左翼もない時代」といわれる。が、依然「右‐左」のレッテルはさまざまなものに貼られている。しかし「では右って何?左って ...

「右翼と左翼 (幻冬舎新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 友達の少ない同居人に、久々に上京している地元の旧友から連絡があり、昨日は嬉しそうに出かけて行った。 彼は中学、高校の頃、同居人にブルーハーツや尾崎豊、バンプオブチキンなどを紹介してくれた純朴な人物らしい。彼女は当時、どんくさかったりナイーブさが過ぎたりで、みんなが普通にやってることを出来ず、不登校やったり高校クビになったりを繰り返しながら孤独に自分を恥じてい... 続きを読む

    ぼうふら漂遊日記 - 悲しい断絶bakuhatugoro2006/12/1778 users
  • 簡潔に日本の近代(明治以降)から現代までの日本の右翼と左翼の展望を与えていると思う。この右翼と左翼の問題をざっと展望したい人にはおススメします。特にとりあえずの右翼と左翼の整理、第2章のフランス革命期にさかのぼっての両者の俯瞰は有益だと思います。右翼と左翼 (幻冬舎新書)作者: 浅羽通明出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2006/11メディア: 新書 しかし本当の本書の対立軸... 続きを読む

    浅羽通明『右翼と左翼』tanakahidetomi2006/12/0326 users
  • Blog | 17:58 | 週末に読んだ本から2冊。3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))作者: 城繁幸出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/03メディア: 新書まずは城繁幸の新刊。大部分はWebでの連載を元にしたインタビュー。ところどころにコラムを挟みつつ、「昭和的価値観」を脱し、自分なりのキャリアを積み上げたり、独立した人たちを紹介して 続きを読む

    社会企業家と虚偽意識 - A Road to Code from Sign.dot_hack2008/03/1610 users

「右翼と左翼 (幻冬舎新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています