凡人として生きるということ (幻冬舎新書)

凡人として生きるということ (幻冬舎新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入14
  • クリック188
  • 言及数111ブログ
  • ブックマーク12users
「凡人として生きるということ (幻冬舎新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

世の中は95%の凡人と5%の支配層で構成されている。が、5%のために世の中はあるわけではない。平凡な人々の日々の営みが社会であり経済なのだ。しかし、その社会には支配層が ...

「凡人として生きるということ (幻冬舎新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • コミュニケーション能力という幻想 - ハックルベリーに会いに行く(2008/12/21)↑のエントリを読んだことをけっかけに、「コミュニケーション能力」について思いついたことなどあれこれと。最初に頭に浮かんだのは、押井守監督のこんな言葉でした(押井監督の著書『凡人として生きるということ』より) 僕には友達と呼べる人はいないし、それを苦にしたことはない。年賀状にしても、こちら... 続きを読む

    「コミュニケーション能力」について考える - 琥珀色の戯言fujipon2008/12/2327 users
  • 20:12 | なんとなく寝かせていたのだが、なんとなくアップしてみる。以下は、映画『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』のフーコーを援用した読解の試みである。とはいえ、原作の森博嗣『スカイ・クロラ』シリーズは全く読んでいないし、フーコーにしてみても解説書は何冊か読んだにせよ、フーコーの著作については『知への意志(性の歴史I)』をさらっと読んだだけだった半端者が書く、「... 続きを読む

    『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』とフーコーの転回 - Rock strikes me ...rorygallagher2008/10/177 users
  • 【文芸】 今月の超大作はこれ1冊で決まりだろう。もしかすると、今年の一冊かも知れない。楽しみでブルブル震える。発売日は、ビュトールの学会初日ゆえ、一気呵成に読むのは次週以降か。 聖家族作者: 古川日出男出版社/メーカー: 集英社発売日: 2008/09メディア: 単行本装幀:菊地信義古川日出男が“妄想の東北”からもう一つの日本史を立ち上げる、恐るべき大長編日本の果て、青森ヤシ... 続きを読む

    迂路探険urotanken2007/01/086 users