科学哲学―なぜ科学が哲学の問題になるのか (現代哲学への招待 Basics)

科学哲学―なぜ科学が哲学の問題になるのか (現代哲学への招待 Basics)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 2,299 より
  • 購入2
  • クリック48
  • 言及数14ブログ
  • ブックマーク2users
「科学哲学―なぜ科学が哲学の問題になるのか (現代哲学...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「科学哲学―なぜ科学が哲学の問題になるのか (現代哲学...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 春秋社の現代哲学への招待シリーズ、はてどれくらい読んだのだろうかと気になったので、リストアップしてみることにした。春秋社 現代哲学への招待哲学者は何を考えているのか (現代哲学への招待Basics)作者: ジュリアンバジーニ,ジェレミースタンルーム,Julian Baggini,Jeremy Stangroom,松本俊吉出版社/メーカー: 春秋社発売日: 2006/05メディア: 単行本クリック: 続きを読む

    哲学書リスト - logical cypher scapesakstyle2014/05/1113 users
  • 科学哲学はやはり面白いなあ科学哲学の面白さは、問題意識が哲学の中では比較的分かりやすい点にあるのではないか。分析哲学の入門書を読むと、普通は、フレーゲの明けの明星と宵の明星がどうの、という話から始まる。あれは面白いけれど、最初に突然読まされたら、何でそんな話してんのってなると思う。形而上学や美学については、改めて言うまでもない。その点、倫理学は分かりやすいか... 続きを読む

    アレックス・ローゼンバーグ『科学哲学』 - logical cypher scapesakstyle2014/05/117 users

「科学哲学―なぜ科学が哲学の問題になるのか (現代哲学...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す

「科学哲学―なぜ科学が哲学の問題になるのか (現代哲学...」を含む人気エントリー