隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】

隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,700 より
  • 購入5
  • クリック46
  • 言及数35ブログ
  • ブックマーク9users
「隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

資本主義は本当に悪か!?“自由”と“市場”の価値を20世紀の歴史から説きあかす。

「隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ライフハック 人は誰しも評価されることを求めています。それは、存在していることを皆に知られて、存在を確かなものにしてくれるものを求めているからです。その社会で自分を認めてもらう、認めさせるにある種の権威が必要です。つまり、権威を握れば、自分の思い通りに相手を動かすことができるようになります。 しかし、権威が乱立すれば与えられる評価も様々になり絶対性が失われます... 続きを読む

    独裁者に集う凡庸なイエスマンの悲劇 - keitaro-newskeitaro22722010/01/267 users
  • 雑記 | 02:14 | 政府が発表した東電の賠償スキームに対して、批判が続出している。主に批判されているのは、債務超過が予想される東電を破綻させずに上場を維持して株主を保護する一方、枝野官房長官が発言したように債権者(金融機関)に債権放棄を求めること破綻していない民間企業(東電)の債権の放棄を促し、民間と民間の間の取引に政府が口を出すこと東電以外の電力会社にも、奉加... 続きを読む

    資本主義軽視は「隷属への道」につながりかねない - 月明飛錫Syouka2011/05/186 users
  • ライフハック 基本的に労働は何らかのコミュニティで行います。ですから成果が正確に個人に報酬として戻されるということは起こりません。報酬はつねに組織内で共有されるのです。そんなコミュニティを構成するほかの人々を自分がとってきた利益で養うのが不満なら、コミュニティを離れるしかありません。しかし個人で成果を得るための基盤は、個人で作り上げなければなりません。組織と... 続きを読む

    成果を個人が占有すると得られる果実は減っていく。 - keitaro-news - 書評...keitaro22722010/07/155 users

「隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す