ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日 (ノン・ブック 55)

ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日 (ノン・ブック 55)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入2
  • クリック44
  • 言及数29ブログ
  • ブックマーク0users
「ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。 本文に線引等の書き込み無し。 アマゾンのコンディションガイドラインをご覧ください。

「ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ぼくは、仙台で「せんだい文学塾」、山形で「小説家になろう講座」という二つの講座を受けています。どちらも、文芸評論家の池上冬樹先生がコーディネーターをつとめ、有名な作家や一流出版社の編集者を講師に迎えて、文章の書き方や読み方についてレクチャーする講座です。ここで教材として使われるテキストは、受講生から提出されたものを、講師との相性を考慮して池上先生が選考されま... 続きを読む

    もし五島勉がノストラダムスの『百詩篇集』を読んだら - 男の魂に火をつけ...washburn19752011/08/1233 users
  • 13:09 「笛育市更新日記」さんにまたしても『シグルイ』ネタが。元ハガキ職人の血が騒いで思わずまたやってしまった。「身内の学会員である唐沢俊一が時折このような盗用にふけるのを見て見ぬふりをする情がと学会員たちにも存在した」(第十八景「蝉しぐれ」より)「日本トンデモ本大賞の会場……まこと広うなり申した」(第二十景「虎子」より)とならなければいいですね。 さて、唐沢... 続きを読む

    ガセビアが多すぎてほんとうに怖い。 - 唐沢俊一検証blogkensyouhan2008/10/1122 users
  • 今回のエントリは、『悟空と島耕作の背後にあるもの』の続きとなります。最初に書いているときは、2012年の地球崩壊の映画と『ウルトラマンレオ』を組み合わせた簡単な話にするつもりが、気がつくと団塊世代の無謬性の話に・・・。悟空と島耕作の背後にあるもの - tyokorataの日記 巷では、2012年に人類が滅亡するという映画が公開されたり、そうしたテーマのDVDがレンタルされているよ... 続きを読む

    『ドラゴンボール』へとつながる、団塊世代の大好きなスポ根と根性論の系譜...tyokorata2013/03/1210 users