ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,172 より
  • 購入24
  • クリック124
  • 言及数132ブログ
  • ブックマーク19users
「ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

未来予測を切って捨て、経済学とファイナンス理論を根底から揺さぶり、ベル型カーブでは扱えない不確実性の核心に迫る。

「ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 簡単に言えば、ビル・ゲイツと小錦の違いについての本である。ほとんどの人は、ビル・ゲイツのような金持ちも小錦のように太っている人も知りあいの中にはいないだろう。世界の大富豪長者番付というページによると、ゲイツの総資産は5兆1260億円で、これを年利1%で運用したとしても、それだけで年収500億である。小錦の方は、KONISHIKI - Wikipediaによれば、「2008年2月、ついに体... 続きを読む

    「ブラックスワン」書評 - アンカテessa2010/01/1793 users
  • とんでもない本だった。 いや、トンデモ本ではない。すごい本というのとも違う。村上春樹の小説なんかに近い文体とテーマでもある。 総じて呆れた。こういうやつがいるんだなぁというか。 自分はタレブほどではないが、世界を変なふうに考えるのだけど、タレブのほうは筋金入りの変だった。 というか、これは、シリアの正教徒的というのか、とにかく私たちが現代社会普通に目にするタイプ... 続きを読む

    「ブラック・スワン」、読んだ。 - finalventの日記finalvent2009/08/1130 users
  • 2007年に「ブラック・スワン」という本が流行しました。この本のテーマはなかなか深遠ですね。認知論でよく取り上げられるのですが、人間は「現象」を完全に把握することができない、というテーゼがあります。人間は、五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)以外の知覚を知りません(霊能力者や聖闘士を除く)。あなたとわたしが同じものを見ている保証はどこにもなく、また、どちらが正し... 続きを読む

    病める∞のポパーの世界 - riverrun past...Marnier2009/11/1111 users

「ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す