評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入15
  • クリック136
  • 言及数55ブログ
  • ブックマーク9users
「評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会ってい...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会ってい...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 新時代へようこそ。 経済は、いま20世紀型から21世紀型へ大きく変貌しつつある。 カネとモノの交換。これはもっとも伝統的な商取引であり、経済の基本である。20世紀前半はこれが経済活動の大半を占めていた。カネとサービスの交換。モノの生産が効率化して、モノの生産に従事する人間が減ると、サービスの生産に従事する人間が増えた。20世紀の後半には経済のうちの大きな割合を占めるに... 続きを読む

    カネを媒介としない新しい経済ー21世紀の評価経済論 - elm200 のノマドで行...elm2002012/02/2251 users
  • 世界人口は現在70億人。これを人口10人の村にたとえるのは、やや無理があると感じる人もいるかもしれない。そういう人はこの「世界村」の1人は、実際の7億人分だと考えてもいい。その「世界村」で、モノの生産力が上がり、それに従事する人々が減ったら、村の経済はどう変わるのか? モノの生産に携わる必要のに必要な人数が減るというのは、携わりたくても携われない人たちが増えるとい... 続きを読む

    もし世界が人口10人の村だったら - 図解・評価経済論 - elm200 のノマドで...elm2002012/03/0345 users
  • 「僕らは評価経済の高度成長期に入った」 週刊東洋経済インタビュー ノーカット版掲載! - 岡田斗司夫公式ブログを読んで、どうしても不思議だったので不思議なところをありのまま書いてみる。評価経済について知識も見識もあるわけではないので、認識違いがあったら教えてください。――改めて「評価経済」とは。評価が通貨のように流れる社会。評価経済と評価社会とは違う。古代中国は... 続きを読む

    評価経済って、そんなに新しい概念なの? - 常夏島日記potato_gnocchi2012/04/0639 users

「評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会ってい...」が好きな人は、こんな商品も購入しています