プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 250 より
  • 購入88
  • クリック689
  • 言及数419ブログ
  • ブックマーク88users
「プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

どうすれば一流の仕事ができるのか? 自分の能力を見極め、伸ばすための簡単な方法がある。ドラッカーが自らの体験をもとに教える知的生産性向上の秘訣。

「プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • これまでの歴史的経緯や、世界的なトレンドを考えると、経営を理解してない労働者は、どんどん居場所がなくなり、年収も下がっていくと思います。 逆に、経営*1を理解している労働者は、ますます活躍の場が広がるし、たとえ運悪く挫折しても、何度でも復活するチャンスが得やすくなっていくと思います。 そして、後述するように、これは全世界的なトレンドであって、この流れを一時的に阻... 続きを読む

    経営がわかっている労働者と、わかってない労働者の格差が拡大していく理由...fromdusktildawn2008/08/031237 users
  • 図書館, 読書メモ文化情報資源と図書館経営: 新たな政策論をめざして作者: 柳与志夫出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2015/02/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る日ごろお世話になっている柳さんから、以前お送りした本のお返しにということで、なんといただいてしまった、既発表論文集。ご本人にお礼と感想をお伝えたものの、広く図書館関係者の関心が集まるとよいと... 続きを読む

    柳与志夫『文化情報資源と図書館経営』読書メモ - みちくさのみちnegadaikon2015/03/1232 users
  • 雑記そういえば、今の仕事に正社員という形で付いて一年経った。早いものです。 初めての「エンジニア」の肩書もらって一年。エンジニアと言っても、プログラミング業務しかやってないからプログラマーもしくはコーダーと呼ぶのが正解。工事現場の穴掘りガテン系の仕事を生業としていたキャリアが、いつの間にかIT系の頭脳労働になったのは、主体性の無さの賜物でしょうな。それにしても... 続きを読む

    プログラマー一年戦争、二年目突入 - 俺はまだ死んではいないytksn2010/01/168 users

「プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す