逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)

逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入4
  • クリック77
  • 言及数78ブログ
  • ブックマーク6users
「逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)作者: 浅田彰出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1986/12メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 64回この商品を含むブログ (73件) を見る 今村仁司氏と浅田彰氏の対談 「ドゥルーズ=ガタリを読む」、pp.92-95 より(強調はいずれも引用者)浅田 現代性(モデルニテ)という言葉を使われたわけですが、資本主義が現代性モデルニテというコード 続きを読む

    浅田彰氏のスキゾ論 - Freezing Pointueyamakzk2012/09/0818 users
  • 考察モダンとポストモダン新年もマシンガン その1:「嫌なら見るな」を撲滅したい - HINAGIKU 『らめぇ』「嫌なら見なきゃいいのになぜわざわざ文句をつけるのだろう」という言葉には、こう返せるのだ。「文句つけられたくないなら書かなければいいのになぜわざわざネット上に書くのだろう」近頃何においても、クラスタ化(個人的には言霊の力を信じて『くら☆すた』と表記しているが)し... 続きを読む

    同調圧力から負荷分散へ - 萌え理論Blogsirouto22008/01/0315 users
  • 速水健朗『自分探しが止まらない』ミステリには、真相探しと自分探しの相乗効果を狙った作品がある。事件に巻き込まれた記憶喪失の人間がいて、彼が真相を発見すると同時に、本当の自分も知ることになる――というストーリーに典型的であるような。だから、ミステリ評論も行っている僕としては、“自分探し”や“探すこと”に以前から関心を持ってきた。その点、速水健朗『自分探しが止ま... 続きを読む

    自分探し、逃走、蒸発―速水健朗『自分探しが止まらない』@ENDING ENDLESS...ending2008/03/0714 users

「逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています