ことばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)

ことばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 300 より
  • 購入6
  • クリック26
  • 言及数29ブログ
  • ブックマーク6users
「ことばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「ことばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ことばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)作者: 竹内敏晴出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1988/01メディア: 文庫 柳田国男が『涕泣史談』で書いている。よく、泣いてばかりいてはわからないから、ちゃんと話しなさい、と言うのを聞くが、ことばにならぬから泣いているのだ、近頃の人はすべてのことがらをことばにできると思いこみすぎているのではないか、と。「ことばは行動である」と... 続きを読む

    Mellow My Mind - 文章を書くことについて考えるときに思い出すいくつかの...mellowmymind2007/02/0761 users
  • みなさん今頃、このくそ暑い中、「北田さん辻さん百選」に釣られて慣れない読書にいそしんでいることと思う。ばかだから。ぼくが思うに、あの百選は、「反社会学講座」に代表されるような、「知的に正しく思考すれば快楽が得られる」というイデオロギーに汚染されている。「反社会学講座」は、「ていどひくい社会学」を、「知的な観点」から再解釈すれば、とても面白い洞察が得られるとい... 続きを読む

    suneoHairWax::ein differenztheoretischer Ansatz - 夏休みだよ!社会学祭...hidex77772006/05/264 users

「ことばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています