宗教なんかこわくない! (ちくま文庫)

宗教なんかこわくない! (ちくま文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入4
  • クリック10
  • 言及数38ブログ
  • ブックマーク4users
「宗教なんかこわくない! (ちくま文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

オウム真理教事件を契機に、日本人が本当の「近代」を獲得するために橋本治が宗教について真っ正面から取り組んだ話題の本、ついに文庫化!新潮学芸賞受賞作。

「宗教なんかこわくない! (ちくま文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 徳間書店 2000年6月 小室直樹氏は“文明開化の人”だと思う。変な言いかたかもしれないが、学問の神髄は西洋にあるので、学問を志すものは徹底的に西洋に、それも一流の西洋に学ばなくてはいけないとする人とでもいうような意味である。 だから経済学でいえば、ケインズやサミュエルソン、社会学でいえばマックス・ヴェーバー、デュルケイム、パーソンズといった人々を徹底的に学... 続きを読む

    小室直樹「日本人のための宗教原論」 - 日々平安録jmiyaza2009/09/2711 users
  • 内田樹氏が最近のブログで、上野千鶴子氏の「おひとりさまの老後」への異議申し立てを「週刊ポスト」に書いたことについて書いている。http://blog.tatsuru.com/2010/04/27_1045.php 上野氏の「おひとりさまの老後」については以前にとりあげたことがある。id:jmiyaza:20070818 それで、内田氏の論を読んで少し思うところがあったので、以下書いてみたい。内田氏 続きを読む

    内田樹氏の最近のブログから - 日々平安録jmiyaza2010/04/296 users
  • 新潮社 2009年5月 1995年3月の地下鉄サリン事件のとき、わたくしの勤務する病院にも何人かの患者さんが搬送されてきた。外来診療をしていたら「地下鉄でガス爆発事故があり、負傷者が何人かここにもきます」という連絡がはいった。ふーんと思っていたら、今度は、ガス事故ではなく、サリンらしいという情報が入ってきた。サリン? 何だかきいたことがあるな、という程度で、... 続きを読む

    村上春樹「1Q84」(3)宗教について - 日々平安録jmiyaza2009/06/195 users