病いの哲学 (ちくま新書)

病いの哲学 (ちくま新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 579 より
  • 購入5
  • クリック43
  • 言及数51ブログ
  • ブックマーク3users
「病いの哲学 (ちくま新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「病いの哲学 (ちくま新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 承前*1『朝日』の記事;阿久根市長「腐った枝、刈らないと」 障害者の記述巡り(1/2ページ)2009年12月22日1時40分 自身のブログに「高度医療のおかげで機能障害を持ったのを生き残らせている」と記述し、障害者団体などから批判を浴びた鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が21日、福岡市内での講演でこの話題に触れ、「木の枝の先が腐れば切り落とす。そうしないといけない」「表現とし... 続きを読む

    「腐った枝」 - Living, Loving, Thinkingsumita-m2009/12/2236 users
  • ■[本]「病いの哲学」から・個人的な読書ノート 病いの哲学 (ちくま新書) 作者: 小泉義之 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/04 メディア: 新書 だいたい自分は著者の小泉義之さんの話におおかた乗っていて、そんなわけで気になった箇所のメモというか注釈というか。とっても長いです。いくら引用とはいえさすがにまずいかも。問題があれば削除します。というかこれを読んで「病の... 続きを読む

    Demilog /生命・社会・環境 - 「病いの哲学」から・個人的な読書ノートdemian2006/07/205 users
  • ■「病人の役割」(『病いの哲学』) 承前*1 病いの哲学 (ちくま新書) 作者: 小泉義之 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/04 メディア: 新書 小泉義之『病いの哲学』について、http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070219/1171910110で ところで、この本の第5章で論じられているのは、哲学者ではなくて社会学者のパーソンズである。これは一 続きを読む

    Living, Loving, Thinking - 「病人の役割」(『病いの哲学』)sumita-m2007/03/255 users

「病いの哲学 (ちくま新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています