輸入学問の功罪―この翻訳わかりますか? (ちくま新書)

輸入学問の功罪―この翻訳わかりますか? (ちくま新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 57 より
  • 鈴木直
  • 筑摩書房 - 単行本 - 2007/01
  • 購入1
  • クリック51
  • 言及数51ブログ
  • ブックマーク9users
「輸入学問の功罪―この翻訳わかりますか? (ちくま新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「輸入学問の功罪―この翻訳わかりますか? (ちくま新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 輸入学問の功罪―この翻訳わかりますか? (ちくま新書)作者: 鈴木直出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2007/01メディア: 単行本Amazon.co.jpで詳細を見るを読んだ。この本は、カントやマルクスといったドイツ系の哲学書の翻訳が一般読者にまったく理解できないものになっていることを告発しつつ、その背景を、市場から乖離した教養主義に求めたもの。著者は第一章で、哲学書の翻訳が一般読... 続きを読む

    輸入学問の功罪 - まとまり日記yuiami2009/08/2415 users
  • http://d.hatena.ne.jp/kanjinai/20080805/1217942261 ちょうど「光文社古典新訳文庫」のローベルト・ムージル『寄宿生テルレスの混乱』(丘沢静也訳)を読み始めたところだったのだ。寄宿生テルレスの混乱 (光文社古典新訳文庫)作者: ローベルトムージル,Robert Musil,丘沢静也出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/09/09メディア: 文庫 続きを読む

    翻訳を巡って(メモ) - Living, Loving, Thinkingsumita-m2010/08/3110 users
  • よく考えると、学校の日本史の授業では、徳川吉宗や松平定信のように倹約に努め贅沢を戒め財政を立て直した為政者を評価し、徳川宗春や田沼意次のように遊興や贅沢を奨励して商業を発展為政者を悪く評価する教育が為されてきた。バカブロガーのように日本の教育の悪い部分をすべて日教組のせいにするようなことは書きたくないのだが、日本の伝統的価値観が重視した戦前の教育と、反資本主... 続きを読む

    「下級士族」の末裔 - Living, Loving, Thinkingsumita-m2010/02/114 users

「輸入学問の功罪―この翻訳わかりますか? (ちくま新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています